ケアの違い

ケアの違い

脱毛をするにあたり、脱毛サロンではさまざまなサービスがあります。例えば脱毛をするのと同時に美白効果もあるジェルを塗ってもらい、ケアもしてもらえる、施術後にはリラックスできるようにハーブティが出される、お化粧直しも綺麗なメークアップルームが用意されている。といった具合に、綺麗になりたいと望む女性が喜びそうなケアがたくさん用意されています。

 

一般の皮膚科や形成外科での脱毛では、そのような気の利いたサービスはありません。病院ですので当たり前ですが、脱毛以外でも雰囲気を楽しみたいという方には不向きかもしれません。医療脱毛でケアというと医療的なケアを意味します。例えば痛みが怖いという患者には、痛みを感じにくくするための麻酔クリームなどが塗布されます。その後施術が終われば念入りに冷却し、最後にクリームを塗るというように、痛みに対する医療的な対応から最後のケアまで万全に処置されます。

 

美容外科や脱毛を専門とするクリニックでのケアはサロンに近いものがあるといえますが、一般の皮膚科などで行われるケアはあくまでも医療的なケアだという点は気を付けておきたいですね。より美を追求するというのであれば、サロンもしくは、医療脱毛の中でも美容外科などがオススメです。